子犬の頃がしつけるのには一番いい時だろうと思います。単純に、もう成長した成犬ではなく、小さい犬の方がしつけを受け入れてくれるというのは、常識であると言えます。
仮に生まれて間もないミニチュアダックスフンドであっても、手に入れたその日から、いや、迎え入れるための準備段階の間からしつけはスタートしています。
概してわがままに育てず、幼いころからちゃんとしつけをやっておいたら、柴犬のようにオーナーに従順な犬は存在しないだろう、というくらい飼い主の指示に応えるようです。
ペットをしつける時に気をつけたいのは、しつけのプロセス、つまり教える順序を間違えない事です。おトイレのしつけの場合も、まったく同じでしょうね。
ポメラニアンの場合、おもらしをちゃんとしつけたほうが良いと思います。ポメラニアンの場合、異常に興奮したり、歓喜したり、緊張状態が続いたりすると、おもらしをしてしまうことさえあると思います。

何年も前だったらトイレのしつけトレーニングは粗相をしてしまったら体罰を加えたりまたは叱るといった手段が大半だったのですが、この手段はいまでは推奨できません。
無駄吠えをしつける方法などに関してご紹介します。隣近所との揉め事、安眠の妨げを防ぐため、しっかりと実践してください。
犬が「噛む」という行為は愛情を表現しているのであって、子犬の頃に噛んだりします。そこで丁寧にしつけしておかなかったら、噛み癖ができてしまうので気をつけましょう。
あなたが、怒らずにしつけをしたいと考えているからと、飛びつきをやめさせようとラブラドール犬に頬ずりするとか、頭や身体をなでたりしてはいけないようです。「飛びつきさえすれば遊んでくれる」と思い込むからなのです。
愛犬と散歩する時のしつけの問題は、おおよそ2つあります。それらの原因は、実のところ主従関係構築の失敗というものにかなり関係していると言えます。

散歩を上手に利用さえすれば、しつけは実践できます。交差点などでは、「おすわり」とか「待て」の指図の練習が可能です。前触れなく停止し、「待て」の訓練をしてもいいと思います。
生活上の欲求を充足しているというにも関わらず、王様気分で周囲の人の注意を集めたいばかりに、無駄吠えを繰り返してしまう犬がたくさんいるというのは真実みたいです。
犬を飼ったら、しつけが大切です。例えば、チワワは大げさに褒め尽くすことも大事なのです。優しくにこやかに身体を撫でたりして、できるだけ可愛がってください。
犬たちのしつけが実践されていないと、あたかも捜索犬みたいに、とにかくあちこちいろんな臭いを嗅ぎつつの散歩と、結局なってしまう可能性もあります。
子犬期に適切に過ごしていなかったことが原因で、勝手な行動をする犬たちも、きちんとしつけを重ねると、問題ある行動がなおるらしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です